5月7日新方式への切り替え(アプリの入れ替え)

電子入札システムが新方式に切り替わります。このため、事前に新方式に対応するアプリケーションをインストールする必要があります。

アプリケーションの入れ替え作業

アプリケーションの配布と入れ替え作業については、電子入札で利用しているICカードの発行元の民間認証局から案内されます。

作業の概要

アプリケーションの入れ替え作業は、大きく以下の2つの作業を行います。

  1. 新方式のアプリケーションのインストール・設定
  2. 従来(旧方式)のアプリケーション(JRE)の削除

「かながわ電子入札共同システム」をご利用の場合は、切替予定日である令和2年5月7日の前に「新方式のアプリケーションのインストール・設定」をお済ませいただくことを推奨します。
アプリケーションの配布や設定方法など、詳しくはICカード発行元の各民間認証局の案内をご確認ください。ご不明な場合は各民間認証局の窓口にお問い合せください。

民間認証局お問い合わせ先一覧

アプリケーション入れ替えのイメージ

「1.新方式のアプリケーションのインストール・設定」が終わった後、システムの利用前に「互換表示設定の削除」と「Internet Explorerの一時ファイルの削除」を行ってください。

5月7日新方式の切り替え(初回利用前の作業)

入れ替え作業にあたっての注意点

新方式の電子入札システムの利用には、新しい「アプリケーションのインストール・設定」が必要ですが、従来(旧方式)(=JREを必要とする方式)の電子入札システムの利用には、既存のアプリケーション(JRE)も必要です。

各発注機関によって新方式への切替時期が異なるため、令和2年9月末(予定)までは、新方式と従来方式の電子入札システムが混在することが予想されます。
「従来(旧方式)のアプリケーション(JRE)の削除」を行うと、新方式切り替え前の電子入札システムが利用できなくなってしまうため、利用されているすべての発注機関の切り替えが終わるまでは、「従来(旧方式)のアプリケーション(JRE)の削除」を行わないことを強く推奨します。

アプリケーション入れ替えのイメージ

参考:各発注機関の切替予定時期

切替予定時期は変更される場合があります。正確な切替時期や詳細については、必ず各発注機関のホームページ等で直接ご確認ください。

新方式について

かながわ電子入札共同システムは、全国の自治体などの電子入札システムで広く採用されている「電子入札コアシステム」を採用しています。

コアシステムを採用する電子入札システムの利用には、これまでJREが必要でした。JRE(電子入札専用JRE8)の提供元である米国オラクル社によるサポートが令和2年9月30日に終了するため、コアシステムがJREを必要としない新方式に変更されます。

コアシステムを採用する発注機関では、令和2年9月末までに、新方式の電子入札システムへ切り替えていきます。新方式の電子入札システムは、新方式に対応するアプリケーションをインストールしなければ利用することができません。

新方式への切り替え時期は各発注機関によって異なります。
「かながわ電子入札共同システム」の切替予定日は、令和2年5月7日です。

行政手続をパソコンやスマホから
神奈川県市町村電子自治体共同運営協議会