資格申請システムに関するご質問

特にご相談が多いご質問

目的から探す

操作手順
エラーメッセージ

よくあるご質問と回答

申請準備

継続申請はどのようにして行いますか。

現在認定を受けている事業者、または過去に認定を受けたことのある事業者のみ継続申請を行うことができます。 資格申請システムにログインし、「随時(定期)受付 継続申請」をクリックしてください。申請書を作成し、送信した後、提出書類の印刷・郵送を行ってください。詳細は「申請の手引き」等をご覧ください。

認定番号とパスワードがわかりません。
  • 現在認定を受けている場合
    入札情報サービスシステムの左メニュー「資格者名簿」で検索し、認定番号を確認後、資格申請システムで「ID/パスワード確認申請」を行い、パスワードを確認してください。認定番号は本IDと同一の番号です。
  • 現在認定されていないが、過去に認定を受けていたことがある場合
    最初に資格申請システムの「ID/パスワード確認申請」機能で認定番号を確認し、「ID/パスワード確認申請」でパスワードを確認してください。
パスワードを忘れてしまいました。

<仮ID、本ID共通>
資格申請システムの「IDパスワード確認申請」機能からパスワードを確認してください。
「IDパスワード確認申請」については、「申請の手引き」「資格申請システム操作マニュアル」の次の章を参照してください。

  • 「申請の手引き」→「第1編第3章13 パスワードを確認するには」
  • 「操作マニュアル パスワード変更/メールアドレス変更/パスワード確認申請編」→「3 ID/パスワード確認申請」

<本IDのみ>
資格申請システムの「IDパスワード確認申請」機能を利用しても確認できない場合は、まずは下記担当までお問い合わせください。

  • 工事・コンサル業者
    〒221-0835 横浜市神奈川区鶴屋町2-24-2 かながわ県民センター4階
    神奈川県 県土整備局 建設業課 横浜駐在事務所 建設業審査担当
    電話(045)313-0722(直通)
  • 物品・一般委託業者
    〒231-8588 横浜市中区日本大通1
    神奈川県 会計局 調達課 資格審査グループ
    電話(045)210-6721(直通)

それでも確認できない場合、またその他やむをえない理由がある場合は、競争入札参加資格認定通知書の写しを交付いたします。交付については、「競争入札参加資格認定通知書(写)交付願」に必要事項を記入し、代表者印を押印のうえ、上記担当まで郵送してください。
返信には2週間ほどかかる場合があります。余裕をもって提出してください。
認定通知書の写しに記載されるパスワードは、初期パスワードです。

新規申請はどのようにして行いますか。

資格申請システムで「業者情報登録」を行った後、仮IDを発行し、発行した仮IDでログインして「新規申請」をクリックしてください。
申請書の作成画面が表示されるので、必要事項を入力し、最後に「申請内容確認」画面でデータを送信してください。
送信後に送付先別提出書類一覧表を参照し、提出書類を県と申請を希望する各団体へ郵送してください。
詳細は「申請の手引き」等をご覧ください。

資格申請受付画面操作

保存した申請書を修正する場合はどのように申請書を開きますか。

資格申請システムにログインし、「手続済申請書修正」の「申請書選択」で修正できます。
修正後に、送信してください。

法人番号はどのように入力しますか。

国税庁から郵送された法人番号指定通知書に記載されている13桁の数字を入力してください。
個人事業者は入力不要です。
法人番号指定通知書が無い等、法人番号が不明である場合は、国税庁法人番号公表サイトで検索・確認し、入力してください。

「業務経歴情報」画面の入力方法を教えてください。

「業務経歴情報」画面の「追加」ボタンをクリックし、「申請業種情報」画面で選択した営業種目、細目等を選択して1件以上の経歴を入力してください。
業務経歴がない場合は注文者名と契約名・内容は「実績なし」と入力し、請負・契約金額を「0円」と入力してください。

「従業員内訳情報」画面の入力方法を教えてください。

画面上部にある技術者等は、該当する技術者を延べ人数で入力してください。
画面下部にある技術者数合計は必須項目です。実人数で入力してください。
正規従業員数は技術職員数と事務職員数の合計を自動計算します。事務職員の欄に、合計数が正しくなるように入力してください。

「従業員内訳情報」画面は、工事のみに申請する場合は入力不要ですが、工事以外に申請する場合は、入力必須です。企業全体の人数を入力してください。

申請書の保存方法を教えてください。

「入力内容保存」ボタンをクリックして、申請書を保存してください。
保存した申請書を開く場合は、「申請書選択」をクリックしてください。
「修正実行」で修正できます。

「業務経歴情報」画面の請負・契約期間は、いつからいつまで入力が可能ですか。

申請日を基準として、過去3年間、未来2年間の入力が可能です。
請負・契約期間が上記期間外である場合は、請負契約期間の開始・終了日付を共に空欄で入力してください。

自社で申請する営業種目と細目がわかりません。

「申請の手引き」資料編に営業種目や細目の詳細が記載されています。確認のうえ、ご自身でご判断ください。 判断できない場合は、物品・一般委託は県調達課、工事・コンサルは県建設業課建設業審査担当に相談してください。

申請希望と営業希望の違いは何ですか。

申請希望は、入札参加資格を取得したい団体を設定するための項目です。
県以外の団体から受注を希望する場合は、必ず該当団体の申請希望をチェックしてください。
営業希望は、県が発注する案件について、営業取引を行いたい地域を設定する項目です。
県の本庁機関が発注し、県内各地に納品する場合や、県の出先機関が各地で発注する場合に参考にします。
詳細は「資格申請システム操作マニュアル」の申請団体情報のページを参照してください。

「申請団体情報」画面の入力方法を教えてください。

「登録」ボタンをクリックして、認定を受けたい団体の申請希望欄を選択してください。
※営業希望欄は、神奈川県の案件に関する営業希望地域を選択する項目です。
神奈川県内に本社以外の支店、または営業所が設置されている場合は、該当地域に入力してください。
※ISO、エコアクションは、事業所単位で取得している場合にのみ選択してください。

データの送信方法を教えてください。

「送信手続へ」ボタンをクリックし、「申請内容確認」画面の「送信」ボタンをクリックするとデータが送信できます。
「確認」ボタンをクリックすると申請内容が印刷できます。

「申請者情報」画面の申請日が以前の日付になっていますが、問題ないですか。

以前に申請した日付が表示されますが、問題ありません。

「売上実績情報」画面で、「直前第1営業年度」や「直前第2営業年度」は何を入力しますか。

直前第1営業年度には、決算手続きが終わっている直近の決算年度を入力します。
直前第2営業年度は、その前の決算年度を入力します。

申請書の「メニューへ」ボタンをクリックすると、「入力内容が破棄されます。入力を中止しますか。」とメッセージが表示されました。

画面下の「入力内容保存」ボタンをクリックすると、それまで入力した内容を保存できます。保存してあれば入力内容が破棄されることはないため、メニューに戻っても問題ありません。

申請データ送信後の操作

認定通知書の印刷方法を教えてください。

資格申請システムにログインし、「申請状況確認」をクリックして進捗状況を確認してください。「詳細情報」を表示し、「認定」または「手続終了」と表示されている各団体の「印刷」ボタンをクリックすると認定通知書を印刷できます。

申請書を送信しましたが、内容に誤りがありました。修正する方法を教えてください。

資格申請システムにログインし、「申請書選択」で修正できます。
申請書の修正を行った後に、修正した申請書の再送信を必ず行ってください。
「申請状況確認」画面で申請書が「審査中」且つ書類未発送であるときのみ修正できます。
書類発送済みまたは申請書が「認定中」の場合は、各団体の申請窓口に相談してください。

職員から申請内容を修正するように電話にて連絡がありました。

資格申請システムにログインし、「申請書選択」で修正できます。
データの修正後、必ず修正した申請書を再送信してください。
進捗状況が「認定中」になっている団体がある場合、修正できない情報があります。
修正できない状態の場合は、各団体の申請窓口に相談してください。
補正指示書が発行されている場合は、補正指示書を表示・確認し、「申請書選択」から修正してください。

「送付先別提出書類一覧表」を印刷する方法を教えてください。

申請書を送信した後に表示される「申請書仮受付票発行」画面で印刷できます。
送信後は「申請状況確認」画面で印刷できます。
ただし、申請書を送信していない場合や、申請が「手続終了」となっている場合は「送付先別提出書類一覧表」を印刷できません。

登録内容(認定情報)の確認方法を教えてください。

資格申請システムにログインし、「登録情報確認」をクリックして登録内容(認定情報)を確認してください。

認定通知のお知らせメールが届きましたが、何か行う必要がありますか。

資格申請システムにログインし、「申請状況確認」をクリックして進捗状況を確認してください。
詳細情報の「表示」をクリックし、「認定」または「手続終了」と表示されている団体の「印刷」ボタンをクリックして認定通知書を印刷してください。

申請書の送信後に申請内容を印刷する方法を教えてください。

資格申請システムにログインし、「申請状況確認」をクリックしてください。申請内容欄の「確認」ボタンをクリックし、申請内容を印刷して確認してください。

申請の進捗状況の確認方法を教えてください。

資格申請システムにログインし、「申請状況確認」をクリックしてください。詳細情報の「表示」ボタンをクリックし、「申請状況確認詳細」画面で進捗状況を確認してください。
進捗状況が「作成中」となっている場合、申請書を送信する前の状況です。メニュー画面にある「申請書選択」で申請書の修正、送信を行うことができますので、送信してください。
送信後、職員側で手続きを行っている場合は、進捗状況が「審査中」または「認定中」になります。

申請書データが正常に送信されたかどうかを確認する方法はありますか。

申請書の送信が完了すると「申請書仮受付票発行」画面が表示されます。
改めて確認する場合には「申請状況確認」画面で、進捗状況を確認してください。送信前は「作成中」、送信後は「審査中」になります。

申請書の送信後、「手続済み申請書修正/取下」の「修正実行」から、申請書を画面で開いてしまうと「修正中である。」ということで、「作成中」に戻ってしまうため、この場合はもう一度送信していただく必要があります。

データ送信後に申請内容を確認するには、「申請状況確認」から申請書を帳票様式で印刷できますので、控えとしてください。

「申請状況確認」画面で、入札参加資格認定申請の継続申請の進捗状況が「審査中」から進みません。

提出書類の未着等が原因で、審査が開始されていない可能性があります。
詳細は、進捗状況が「審査中」と表示されている各団体の資格申請窓口にお問合せください。

提出書類

「送付先別提出書類一覧表」や宛先などの申請関連の書類、認定通知書を印刷できません。
  • 【原因1】Internet Explorerの必要なセキュリティ設定がされていないか、不足している可能性があります。

    1. お使いのパソコン・ソフトウェアが、かながわ電子入札共同システムの必要環境を満たしているか確認してください。

    2. 「インターネットオプションの設定」の手順に従って設定してください。

  • 【原因2】PDFファイルを利用するためのソフトウェアがパソコンに入っていない可能性があります。
    PDFファイルを利用するためのソフトウェアの設定は以下の質問と回答をご覧ください。

提出書類の詳細について教えてください。

「申請の手引き」と、資格申請システムから「送付先別提出書類一覧表」を印刷し確認してください。
「送付先別提出書類一覧表」はデータを送信しなければ印刷できません。データを送信してから印刷してください。

役員等名簿の作成方法を教えてください。

作成に必要な様式を神奈川県電子申請システムからダウンロードし、提出してください。
詳細は「役員等名簿提出の手引き」を確認してください。

「暴力団又は暴力団員等と関係していない旨の誓約書」や「同意書」はどこから入手できますか。

「資格申請の手引き・様式」ページに掲載しています。
「資格申請の様式」の「1誓約書・同意書の様式」から、「(2)暴力団又は暴力団員等と関係していない旨の誓約書」「(3)同意書」をクリックしてダウンロードしてください。

提出書類を印刷したところ、神奈川県の宛先が2つ出力されました。どちらの宛先を使用すればいいですか。

「委」、「物」、「委 物」のどれかが表示されている場合、または「工 委」、「コ 物」、「工 コ 委 物」のように表示されている場合で、本店所在地が神奈川県内の事業者は、調達課の宛先を使用してください。
「工」、「コ」、「工 コ」のどれかが表示されている場合、または「工 委」、「コ 物」、「工 コ 委 物」のように表示されている場合で、本店所在地が神奈川県外の事業者は、建設業課建設業審査担当の宛先を使用してください。

誓約書以外の提出書類が印刷できません。

宛先や「送付先別提出書類一覧表」はデータが送信されていない場合、印刷できません。
進捗状況が「作成中」の場合は、送信作業を行ってから提出書類を印刷してください。

「送付先別提出書類一覧表」に記載されているすべての提出書類を提出する必要がありますか。

「送付先別提出書類一覧表」に記載されている提出書類のうち、必要な書類のみ郵送してください。
「申請の手引き」をご覧いただき、必要な提出書類を確認してください。

提出書類を事前に確認する方法を教えてください。

「申請の手引き」をご覧いただき、必要な提出書類を確認してください。
データ送信後にシステムから出力される提出書類も送付する必要があります。

「入札契約に関する代理人の委任状」はどこから印刷できますか。

「資格申請の手引き・様式」ページに掲載しています。
令和元年・2年度随時申請用は「資格申請の様式」の「3委任状」から「入札契約に関する代理人の委任状」をクリックしてダウンロードしてください。

提出書類の送付方法を教えてください。

「申請の手引き」をご覧いただき、必要書類と送付方法をご確認ください。
A4封筒(角型2号)の宛名部分に、印刷した宛先を貼り、簡易書留で発送してください。
提出する書類がない団体は、「送付先別提出書類一覧表」のみを郵送、またはFAXで送付してください。

提出書類を郵送しましたが、内容に誤りがありました。修正する方法を教えてください。

既に審査が始まっている可能性があります。物品・一般委託は県調達課、工事・コンサルは県建設業課建設業審査担当に修正の可否を確認してください。
修正が可能であれば、資格申請システムにログインし、「申請書選択」で修正できます。
修正実行を行った後に、必ず再送信してください。

誓約書を印刷する方法を教えてください。

申請書を送信した後に表示される「申請書仮受付票発行」画面で印刷できます。
送信後は「申請状況確認」画面で印刷できます。
やむを得ない場合は、下の「誓約書」様式をダウンロードして使用してください。

「帳票様式一覧選択」画面で「印刷」ボタンや「取消」ボタンが表示されません。

「バックスペース」キーを押した場合にボタンが消える場合があります。
「ALT」キーと「→」キーを同時に押すと表示されます。
問題が解決しない場合は、Internet Explorerの一時ファイルを削除してから操作してください。
それでも改善されない場合は、パソコンを再起動してください。

変更・追加申請したいとき

変更届はどのようにして行いますか。

資格申請システムにログインし、「変更届申請」をクリックしてください。
申請書の作成・送信と提出書類の印刷・郵送を行ってください。
変更届で入力する内容は、現在の認定情報を変更するもので、翌年度以降の定期・継続申請には反映されません。
4月以降に再度変更届を行う必要があります。ご注意ください。
詳細は「申請の手引き」等を参照してください。

かながわ電子入札共同システムに登録しているメールアドレスの変更はどのようにして行いますか。

資格申請システムで登録した申請者メールアドレスは、「メールアドレス変更届」で変更してください。
電子入札システムでは「利用者変更」で代表窓口情報とICカード利用部署情報の連絡先メールアドレスを変更してください。
ただし、既に入札手続きを進めている案件には、電子入札システム「利用者変更」画面で変更した連絡先は反映されません。
案件ごとに「企業プロパティの変更」で変更する必要があります。注意してください。

団体追加申請はどのようにして行いますか。

資格申請システムにログインし、「団体追加申請」をクリックしてください。
申請書の作成・送信と提出書類の印刷・郵送を行ってください。
詳細は「申請の手引き」等を参照してください。

住所の変更を行いました。必要な手続きについて教えてください。

資格申請システムにログインし、「変更届申請」をクリックします。 変更した住所を入力し、各団体へ必要書類を提出してください。
旧住所で登録したICカードは、継続して使用できません。
新住所のICカードを購入し、電子入札システムで利用者登録を行ってください。
新しいICカードの利用者登録が完了するまでの入札の参加方法は、各調達機関にお問合せください。

業種追加申請はどのようにして行いますか。

資格申請システムにログインし、「業種追加申請」を選択してください。
申請書の作成・送信と提出書類の印刷・郵送を行ってください。
詳細は「申請の手引き」等を参照してください

代表者(受任者)が変更になります。必要な手続きについて教えてください。

資格申請システムにログインし、「変更届申請」をクリックします。 変更事項を入力し、各団体へ必要書類を提出してください。
旧代表者(受任者)名義のICカードは、継続して使用できません。
新代表者(受任者)名義のICカードを購入し、電子入札システムで利用者登録を行ってください。
新しいICカードの利用者登録が完了するまでの入札の参加方法は、各調達機関にお問合せください。

変更届が受理されているか確認する方法を教えてください。

資格申請システムにログインし、「申請状況確認」をクリックして、変更届の進捗状況を確認してください。
変更届が表示されていない場合は、「登録情報確認」画面で変更届の内容が反映されているか確認してください。
「登録情報確認」画面に内容が反映されていれば変更届は完了しています。

変更届申請を行っています。変更届が受理されるまでの間、入札に参加する場合の手続きを教えてください。

入札案件ごとに、事前に発注機関へ確認してください。

認定通知書を印刷したところ、変更届の内容が反映されていません。

変更届では認定通知書は発行されません。
そのため、変更届の内容は、過去に発行されている認定通知書には反映されません。

共通のエラーメッセージ

画面が正しく表示されません。

令和2年5月7日からInternet Explorerの互換表示設定が不要になりました。互換表示を設定したままの場合、システムの画面が崩れるなど、不具合の原因になりますので、次の設定を行ってください。

申請書作成前のエラーメッセージ

「他の届出が提出されているため、受け付けることができません。」のメッセージが出て申請できません。

認定手続が完了していない作成中の申請や届出が残っている場合、新規の申請や届出を作成しようとするとこのメッセージが表示されます。
申請書を修正する場合、資格申請システムにログインし、「申請書選択」で修正してください。 申請書を取り下げる場合は、「取り下げ実行」をクリックしてください。

同じ名簿登載年度の新規申請、業種追加申請、団体追加申請、変更届等は1つの申請が認定(変更届の場合は受理)されるまでは、次の申請(届出)をすることはできません。


(例)
「令和元年度・2年度名簿」の変更届と「令和3年度・4年度名簿」の継続申請 → 同時に処理できます。
「令和元年度・2年度名簿」の変更届と「令和元年度・2年度 名簿」の業種追加申請 → 同時に処理できません。

「資格申請システム」ボタンをクリックすると、「お使いのブラウザは、かながわ電子入札共同システムが動作保証している推奨環境ではありません」とメッセージが表示されました。

かながわ電子入札共同システムは「必要環境の確認」に記載のブラウザで利用できます。その他のブラウザではご利用になれない場合があります。

資格申請システムに仮IDでログインしようとしたところ、「既に認定されています。本IDでログインしてください」とエラーが表示されました。

資格者名簿反映後は、仮IDでログインできません。
認定通知書に表示される認定番号(本ID)、パスワードでログインしてください。
認定番号(本ID)、パスワードが分からない場合は、資格申請システムの「ID/パスワード確認申請」で認定番号と初期パスワードを確認してください。
「IDパスワード確認申請」については、「資格申請システム 操作マニュアル パスワード変更/メールアドレス変更/パスワード確認申請編」の「3 ID/パスワード確認申請」を参照してください。

資格申請システムに仮IDでログインしようとしたところ、「仮ID、パスワードのいずれか、もしくは両方に誤りがあります」とエラーが表示されました。

仮IDとは、入札参加資格の認定を申請する時に使うIDです。既に入札参加資格が認定されている方は、仮IDではログインできません。本ID(認定番号)でログインしてください。

資格申請システムに本IDでログインしようとしたところ、「本ID、パスワードのいずれか、もしくは両方に誤りがあります」とエラーが表示されました。

神奈川県の「競争入札参加資格認定通知書」に本ID(認定番号)と初期パスワードが記載されています。認定されていない場合には本IDは利用できません。
※初期パスワードは新規申請時の認定通知書にのみ記載されています。
本ID(認定番号)は次の形式になっています。
本ID(認定番号) ****** (6桁の数字。全て半角)
初期パスワード ********** (数字とアルファベットの混合。全て半角)

入力する時は、アルファベットの大文字、小文字を区別して入力してください。
メモ帳に入力し、文字列が正しいか確認して、これをコピー・貼り付けをしてログインを試してください。
「0(ゼロ)」と「O(オー)」、「1(いち)」と「l(エル)」は間違いやすいので注意してください。
パスワードを変更された場合は、変更後のパスワードを入力しているか確認してください。

認定番号を紛失した場合は、入札情報サービスシステムの資格者名簿で確認してください。
パスワードは、資格申請システムの「IDパスワード確認申請」から確認してください。

「IDパスワード確認申請」については、「資格申請システム 操作マニュアル パスワード変更/メールアドレス変更/パスワード確認申請編」の「3 ID/パスワード確認申請」を参照してください。

「本年度の継続申請が登録済です」と表示され、申請書を開くことができません。

定期の継続申請は定められた申請期間以外では申請できません。申請期間を確認し、申請操作を行ってください。

「ID/パスワード確認申請」画面で「送信」ボタンをクリックしたところ、「該当する事業者情報がありません」とエラーが表示されました。

申請者メールアドレスが誤っている可能性があります。
競争入札参加資格申請時に登録した申請者メールアドレスを入力して操作してください。
問題が解決しない場合は、下記担当までお問い合わせください。

工事・コンサル業者
〒221-0835 横浜市神奈川区鶴屋町2-24-2
かながわ県民センター4階
神奈川県 県土整備局 建設業課
横浜駐在事務所 建設業審査担当
電話(045)313-0722(直通)

物品・一般委託事業者
〒231-8588 横浜市中区日本大通1
神奈川県 会計局 調達課 資格審査グループ
電話(045)210-6721(直通)

それでも確認できない場合、またその他やむをえない理由がある場合は、競争入札参加資格認定通知書の写しを交付いたします。
交付については、「競争入札参加資格認定通知書(写)交付願」に記入し、代表者印を押印のうえ、上記担当まで郵送してください。
返信には2週間ほどかかる場合があります。余裕をもって提出してください。
認定通知書の写しに記載されているパスワードは、初期パスワードです。

「資格申請システム」ボタンをクリックしたところ、「ページが表示できません」とエラーが表示されて、先に進むことができません。

かながわ電子入札共同システム以外の外部サイトにアクセスし、正常に画面が表示されることを確認してください。
他サイト表示に問題がない状態の場合、ブラウザのインターネットオプション-詳細設定のTLS1.2の使用にチェックを入れ操作を行ってください。
チェックが入っていなければチェックを入れた後操作してください。

申請書作成中のエラーメッセージ

申請書を開こうとしたところ、「他ユーザが使用中です」とエラーが表示されました。

申請書データの入力途中に、次の操作を行った場合、「申請書データを更新中」という状態が残ってしまい、他に利用者がいないにもかかわらず、このメッセージが表示されることがあります。

  • 画面右上の「×(閉じる)」ボタンで画面を閉じた場合
  • 「戻る」ボタンで戻った場合
  • 通信エラーで処理が中断して終了した場合

「他ユーザが使用中です」の状態は、中断後2時間半以内に自動解除されます。時間をおいて再度ログインしてください。

資格申請システムを操作中、「内部サーバエラー」とエラーが表示されました。

システムとの接続が不安定な状況になってしまったことで、操作できなくなった可能性があります。画面を「×(閉じる)」ボタンで強制終了してください。
排他制御のロックがかかり、一時的に申請書を作成できない状態になりますが、2時間半程度で自動解除されます。時間をおいて再度操作を行ってください。

資格申請システムを操作中、「システム機能が中断されました」とエラーが表示されました。

システムを操作しないまま30分以上経ってしまったため、システムとの接続が切断されてしまった可能性があります。
一度ログアウトし、再度「申請書選択」画面から操作してください。

「入力内容保存」ボタンをクリックしたところ、「申請業種情報が未登録のため、保存できません」とエラーが表示されました。

申請業種情報は登録が必須です。
1件以上の営業種目を入力しないと、申請書を保存できません。

「従業員内訳情報」画面で正規従業員合計が入力できません。

正規従業員合計は自動計算項目のため入力できません。
事務職員数と、技術職員数を入力すると、トータルの職員数が正規従業員数合計として自動計算されます。
事務員と営業員を兼ねている従業員は、重複してカウントせずにどちらかへ入力してください。

「業務経歴情報入力」画面で金額を入力すると、「0」に戻ってしまいます。

桁区切りのカンマは入力せず、数字のみ入力してください。

「申請業種情報入力」画面で「確定」ボタンをクリックしたところ、「制限チェック、指定した申請業種はすでに登録済みです」とエラーが表示されました。

既に登録されている営業種目に対して細目を追加する場合、「追加」ボタンではなく、「修正」ボタンから登録を行ってください。

申請書送信時のエラーメッセージ

「エラー一覧情報」画面で、「未選択の項目があります。全ての項目に有無を設定してください」とエラーが表示されました。

「申請者情報」画面の団体個別主観点情報欄で、全ての主観点項目に対して「あり」か「無し」いずれかを選択してください。

「エラー一覧情報」画面で、「申請を行う業種に関する業務経歴が登録されていませんでした。最低1件以上の業務経歴登録を行ってください」とエラーが表示されました。

「業務経歴情報」画面で申請する営業種目の経歴は1件以上の入力が必須となっています。「業務経歴情報」画面で「追加」ボタンをクリックし、「申請業種情報」画面で選択した営業種目、細目等を選択して1件以上の経歴を入力してください。
業務経歴がない場合は注文者名と契約名・内容は「実績なし」、請負金額を「0円」と入力し、登録してください。

「エラー一覧情報」画面で、「正規従業員数合計が0人です」とエラーが表示されました。

工事以外の業種で申請する場合、「従業員内訳情報」画面の入力が必要です。
事務職員数合計と、技術職員数合計の和が正規従業員数合計になるように、事務職員と技術職員の人数を入力してください。
事務員と営業員を兼ねている従業員は、重複してカウントせずにどちらかへ入力してください。

「申請内容確認」画面で「送信」ボタンをクリックしても、申請書を送信することができません。

エラー一覧が表示された場合、申請内容に不備があるため申請書が送信されません。
エラー一覧に表示された内容を修正してから、再度送信してください。
ポップアップブロックの影響でエラー一覧画面が表示されない場合があります。Webブラウザとツールバーのポップアップブロックの設定を行ってください。

「エラー一覧情報」画面で、「総資産の額は、「流動資産の額+機械装置の現在価額+車両運搬具の現在価額」以上の金額を入力して下さい」とエラーが表示されました。

総資産の額は、直前決算書の貸借対照表の資産合計を入力してください。貸借対照表の資産合計が、流動資産の額、機械装置の現在価額、車両運搬具の現在価額の合計を下回る場合は、流動資産の額、機械装置の現在価額、車両運搬具の現在価額の合計を上回る金額を入力してください。

「エラー一覧情報」画面で、「申請業種情報で申請していない業種または申請団体情報で申請希望していない団体を受任先として選択しています」とエラーが表示されました。

「受任先設定」画面では、申請している業種または団体のみ選択できます。
申請している業種または団体以外に設定している項目がないか確認してください。

「エラー一覧情報」画面で、「該当する許認可は申請に必要になりますので、証明書類を入手した上で申請してください」とエラーが表示されました。

許認可が必須の場合、許可等の有無の選択欄は「あり」で選択してください。
許認可を持っていない場合は申請できません。申請業種情報で該当の営業種目や細目を外してください。

「エラー一覧情報」画面で、「受任先団体が設定されていません」とエラーが表示されました。

「受任者情報詳細入力」画面の上部にある「受任先設定」ボタンをクリックし、受任先団体を設定してください。

「エラー一覧情報」画面で、「直前第1営業年度、必須入力です」「直前第1営業年度計が未入力です」とエラーが表示されました。

工事以外の業種で申請する場合、「売上実績情報」画面の入力が必要です。
営業種目ごとに売上実績を入力してください。

「エラー一覧情報」画面で、「業務経歴は、過去3年、未来2年以内の日付を入力してください」とエラーが表示されました。

申請日より過去3年間、未来2年間に当てはまらない場合は、請負期間を未入力にするか、経歴を削除してください。
認定済みの営業種目に関する業務経歴でエラーが表示される場合は、「請負・契約期間」を開始、終了ともに日付を削除し、空欄にしてください。

「エラー一覧情報」画面で、「神奈川県内に本店以外の支店・営業所がある場合に限り、該当地域にその名称等を入力してください」とエラーが表示されました。

申請団体情報の入力欄には、神奈川県内に本店以外の支店・営業所がある場合のみ、郵便番号と名称を入力してください。

「エラー一覧情報」画面で、「流動資産の額を総資産額より下回る金額で入力してください」とエラーが表示されました。

流動資産の額は、総資産額を下回る金額で入力してください。

「エラー一覧情報」画面で、「損益計算書における消費税の取扱いを選択してください」とエラーが表示されました。

「資本・資産情報」画面の「損益計算書における消費税の取扱い」欄で、「税込み」か「税抜き」いずれかを選択してください。

経営事項審査関連のエラーメッセージ

「業者情報登録」画面で、「建設業許可情報または経営審査情報が見つかりません」とエラーが表示されました。

工事の営業種目を申請する場合、建設業許可を取得し、経営事項審査を受けている必要があります。
建設業許可を取得していない工事、または経営事項審査を受けていない工事の営業種目を申請することはできません。
CIIC(一般財団法人 建設業情報管理センター)のホームページから該当の経営事項審査情報が存在することを確認してください。
存在する場合、経営事項審査情報がシステムに反映されていない場合があります。しばらく待ってから申請してください。
システム反映を急がれる場合は、県建設業課建設業審査担当まで相談ください。

「エラー一覧情報」画面で、「指定した番号が経営審査情報に登録されていません」とエラーが表示されました。

工事の営業種目を申請する場合、建設業許可を取得し、経営事項審査を受けている必要があります。
建設業許可を取得していない工事、または経営事項審査を受けていない工事の営業種目を申請することはできません。
CIIC(一般財団法人 建設業情報管理センター)のホームページから該当の経営事項審査情報が存在することを確認してください。
存在する場合、経営事項審査情報がシステムに反映されていない場合があります。しばらく待ってから申請してください。
システム反映を急がれる場合は、県建設業課建設業審査担当まで相談ください。

「エラー一覧情報」画面で、「指定申請業種の許可満了日を超過しています」とエラーが表示されました。

工事の営業種目を申請する場合、有効な建設業許可を取得し、経営事項審査を受けている必要があります。
有効でない建設業許可で工事の営業種目を申請することはできません。
建設業許可情報がシステムに反映されていない場合があります。しばらく待ってから申請してください。
システム反映を急がれる場合は、県建設業課建設業審査担当まで相談ください。

「エラー一覧情報」画面で、「指定申請業種の総合評点が経営審査情報に登録されていない、または指定申請業種が同一審査基準日で存在しません」とエラーが表示されました。

工事経営事項審査を受けていない工事の営業種目を申請することはできません。
経営事項審査の結果通知書を確認し、経営事項審査を受けている工事の営業種目を入力してください。
新しい経営事項審査情報がシステムに反映されていない場合があります。しばらく待ってから申請してください。
システム反映を急がれる場合は、県建設業課建設業審査担当まで相談ください。

「エラー一覧情報」画面で、「経営審査情報に登録されている審査基準日が経審有効範囲外です」とエラーが表示されました。

入力された建設業許可番号の審査基準日が経審有効範囲外であるため申請できません。
新しい経営事項審査情報がシステムに反映されていない場合があります。しばらく待ってから申請してください。
システム反映を急がれる場合は、県建設業課建設業審査担当まで相談ください。

「エラー一覧情報」画面で、「指定した番号が許可業種情報に登録されていません」とエラーが表示されました。

工事の営業種目を申請する場合、建設業許可を取得し、経営事項審査を受けている必要があります。
建設業許可を取得していない工事の営業種目を申請することはできません。
建設業許可情報がシステムに反映されていない場合があります。しばらく待ってから申請してください。
システム反映を急がれる場合は、県建設業課建設業審査担当まで相談ください。

「エラー一覧情報」画面で、「指定申請業種は許可業種情報に登録されていません」とエラーが表示されました。

工事の営業種目を申請する場合、建設業許可を取得し、経営事項審査を受けている必要があります。
建設業許可を取得していない工事の営業種目を申請することはできません。
建設業許可情報がシステムに反映されていない場合があります。しばらく待ってから申請してください。
システム反映を急がれる場合は、県建設業課建設業審査担当まで相談ください。