トップ/脱JAVAへの切替え
更新年月日:2020年 2月 5日

かながわ電子入札共同システムタイトル

< ご注意 >
既にインストールされているアプリケーション(JRE8)を削除すると、切替前のシステムが利用できなくなってしまいます。
既存のアプリケーション(JRE8)を削除しなくても、新アプリケーションのインストール及び設定は可能ですので、利用されているすべて発注機関の切替えが終わるまで(令和2年9月予定)は、旧アプリケーションの削除を行わないことを強く推奨します。

新方式(脱JAVA)への切替え

電子入札システムの新方式システムへの切替えについて(令和2年5月7日予定)

電子入札システムを利用するにあたり、現在は、電子入札専用JREを利用しておりますが、電子入札専用JREのサポート期限は、令和2年9月30日となっており、これ以降は米国オラクル社のサポートがない状態となります。
このため、電子入札コアシステムを採用している発注機関では、令和元年12月から令和2年9月末までの間に、新方式(脱JAVA)コアシステムを利用した電子入札システム(新方式システム)への移行を実施する予定です。

新方式システムを利用するには、電子入札用アプリケーションの入替え及び設定作業が必要となります。
アプリケーションの入替え及び設定作業を行わない場合、新方式に切り替わった電子入札システムを利用することができません。
切替時期は各発注機関によって異なりますが、かながわ電子入札共同システムをご利用の場合は、切替予定日である令和2年5月7日までに作業をお済ませいただくことを推奨します。

入替え及び設定作業について

新方式システムの利用に必要なアプリケーションは次のとおりです。

 ・電子入札補助アプリ
 ・新方式対応電子入札用ICカード関連ソフトウェア

アプリケーションの配布や設定方法については、ご利用の電子入札用ICカード発行元の民間認証局より順次アナウンスされる予定です。
※詳細については、ICカードを購入した認証局(外部リンク)にお問い合わせください。

参考

電子入札コアシステム(新方式:脱JAVA)への移行について
http://www.cals.jacic.or.jp/coreconso/inadvance/data/20191122_oshirase.html
アプリケーションの配布や設定方法に関するお問合せ先(認証局)
http://www.cals.jacic.or.jp/coreconso/inadvance/agencylist.html


かながわ電子入札共同システム トップページへ